瀬戸歩10月例会の下見で「日本一の農村風景と秋祭りの岩村を訪ね歩るく」   04年9月25日(土曜) 天気 晴  距離 12キロ
コース = 明知鉄道 岩村駅 〜 岩村町内散策(秋祭り) 〜 城址公園(昼食) 〜 岩村城址頂上 〜 農村景観展望台(日本一の) 〜 飯羽間駅

10/3(日)に開催って言うほど大げさじゃないけど、弱小瀬戸歩の例会日でして岐阜県岩村町を歩いて参ります。 その最終下見・・・などと言うと何回出掛けたって思ってくれるかな?・・・に行って来ました。  下見メンバーは当日のコースリーダーの武知さんと、我が弱小瀬戸歩副会長の伊藤久恵さん、そしてパパママです。 JR中央線・高蔵寺駅ホームで集合してココから乗り込み恵那駅で下車、そして明知鉄道に乗り換えです。 
かわいい一両編成(へんせいは不要かな?)の車両でしたが、先ずは記念のワンカットです。 まさにトコトコ走行で最高時速も多分時速40キロは出てなかったかもです。



この岩村という町の中のことはパパママがココの住人のごんごの堀さんたちと6月に出掛けた「岩村ファミリーウオーク」で紹介していますので、チョット違った角度からの紹介です。
「日本一の農村風景」と言われるこの町に岩村駅の一つ手前の飯羽間駅(いいばま)で下車しました。 そして早速歩き出すとこの地域の子供たちの作った案山子たちがいっぱい並んでいるではないですか。  流石に時代を先取りの子どもたちです・・・この夏に燃えたオリンピック関連のものが多かったですが、真ん中は体操の金デス! この夏の日本の活躍を思い出して我々もバンザイを一緒にしましたが違和感の無い三人です。



空を見上げると夏雲と秋の雲が一緒に語らっていましたのでパチリをしてしまいましたデス。

              
「無理も良し 頑張らなくても それも良し 夏雲たちを 高見の見物」   ・・・詠み人は秋の雲です

歩いていると汗がいっぱい吹き出る田園のなかでしたが、最初は農村景観展望台へです。 この夏雲の湧くあの山へです。 そしてヒイヒイ言って登ったご褒美はヤッパリこのステキな風景でした。


飯羽間駅から農村景観展望台まで約3キロ40分程ですし、またまたの田園を眺めつつの岩村城址へも4キロ小1時間程です。 道端には栗の木が多く実が入ったままにいっぱい転がっています。 カキの実もいっぱい、胡桃も足元にころころの、秋の味覚いっぱいの風景を眺めつつ・・・コスモスも咲誇っています。

             「栗はぜて 胡桃落果の 田舎道 稲刈りも終え 祭り準備に」


そして登りきった岩村城ですがコレも前回紹介済みですので省略といたします。 でも記念は六段壁をバックにパチリと致しましたです。 朝から堀さんとメール交信をしていましたがお祭り情報を町の観光館でキチンと聞くようにネーって言われました。 さあお腹も空いたし降りることと致します。 


私はココの住人の堀さんから「岩村の秋祭り」って聞いた時に、ニギヤカな神輿や山車のワッショイ・ワッショイのお祭りを想像していましたが、昨年のお祭りの時のに彼から届いたメール写真を見てビックリ・・・ナンと京都の時代祭りを想像させるような、公家様スタイルの静々とした歩きのご様子だったのです。 
今回のこの写真たちも昨年のお祭り風景だそうですが、堀さんが掲示板にハリコご紹介をして頂いたものです。



パパも町でいろいろな方に話を聞きましたが、下にある「武並神社に住む息子の神様」が年に1回、上に有る「八幡神社に住む父親の神様」のところへ泊りに行くという行事だそうです。 だから10/2(土)は、村人が正装をして武並神社からお御輿に息子神様を乗せて八幡神社にお送りする。 親子神様が一泊でどのような夜を過ごされるのかまではリサーチ出来ずでしたが、翌日10/3(日)は逆コースを戻って息子神様は武並神社に帰宅?するのだそうです。  まだ見たことの無いこの祭礼の当日が本当に楽しみのパパで有ります。 

そして余談ですが、昼食休憩の予定のかんから屋が臨時休業で「うどん処みつば」に入りましたが・・・ハッキリ言ってウマイです。 パパは鍋焼きうどんにしましたが、ママたちは海老おろしうどんでした。 昼食は町内のお店に入っても良いかもですヨ(イヤ・お薦めしますデス)
何回行っても良い町です。 来週10/3(日)は是非ご一緒しませんか〜って感じのパパです。 ではでは 遅ればせの下見レポートでありました。

当日10/3(日)のウオーク集合場所は祭礼行列の都合から「朝8時50分岩村駅集合」に変更になりました。

            恵那駅 9時15分発 → 岩村駅下車 9時46分 到着の電車です。

当初は飯羽間駅でした・我弱小瀬戸歩役員が事前待機をして間違いの無いようにしますのでご安心をで来てくださいネー



       目次に戻る