第5回「下呂温泉里山あるきツーデーウオーキング」2日目に参加   04年11月14日(日) 天気 曇り  距離 20キロ
コース = 下呂観光会館 〜 林道八谷・平沢線 〜 シダレグリ自生地(昼食) 〜 鎌倉街道 〜 初矢林道 〜 下呂市内 〜 雨情公園 〜 観光会館ゴール

11/14(日)前日に続いて一旦帰った朝6時前自宅からマイカーで下呂温泉へとまたまたやって参りました。 そして昨日教えて頂いていた町の東の高台に有る「下呂観光会館」会場に到着しました。 今朝は41号線を飛騨川沿いを走っていると雨がパラパラしだし「エエェ〜・・!堀さ〜ん」ってパパが・・・ママはすかさず「堀さんに変なこと言っちゃダメよ!」でありました。  その堀さんとも会場駐車場で合流してハイパチリで有りました。 そして昨日も一緒に歩き会話をしていた日歩の高部さんと山寺さんと東京の女性とも親しくなりオハヨウの一枚デス。 朝の開会式とストレッチ体操もしてどんな一日を過ごす事になるのか・・・楽しみです。




さあぁ 今日はカッパの堀さんもご一緒ですが、楽しみの始まり・はじまり〜♪

今日は20キロコースを歩きますが、スタートして直ぐに渡る「縄文橋」は下まで40メートル近く有り足がすくむほどの高さの歩道橋でした。 そして渡った所の「ふるさと歴史記念館」で10キロ組と分かれて林道を通り途中でスタッフからのお水のボトルを頂き、どんどんと山の奥へと進んでいきます。

林道八谷・平沢線という山道でしたが「熊避け」にリュックには朝頂いた鈴も付けてミンナでリンリンさせながら歩いていますが、山の中からはチェンソーの音も聞こえてきますのでチョット安心です。
シッカリ歩いてシッカリ登りきった頂上からの風景ですが、下呂温泉市街を囲む周辺の山々とココも高さでは負けないでしょう!ってくらいのビューポイントでしたデス。 そして突然現れた立派な道ですが、説明では下呂市内の主幹道が万が一通れない場合の救援道路の目的もあるとのコトです。 先日の新潟の大地震を考えると「道」の確保は大切なことのようです。


本日の昼食場所は「シダレグリ自生地」です・・・って、聞いていて「ナンなのかな シダレグリ??」だったのですが「枝垂栗自然公園」という字を読んでも分かっていないパパでした。 でもよくよく見ると「栗の木」が枝垂れている!? ホントでやんの!しかも枝振りも変! オオゥ「枝垂れ桜」や「枝垂れ梅」は知っていましたが「枝垂れ栗」とは生まれて初めて知りました。

天然記念物の枝垂れ栗の木の下での昼食ですが、完熟トマトも頂き「きのこ汁」のご用意もして頂きました。 そしてこれまたご用意頂いたシートに座って「さあぁ食べよう」って、リュックの中を覗くと「無い・朝買った弁当が!?」でありました。
どうもマイカーの中に置き忘れたようでしたが、横でそのことを聞かれた親子さんから「お一つどうぞ」のオニギリでした。 パパママは感謝と感激の涙の中で食べた(自分で言いますがかなり表現がオーバーかも?)昼食となったのです。 


竜馬君たちにもオニギリをご馳走様でしたし、そして一杯目は少なめでしたが二杯目以降のお替りではあまりの美味しさに「山盛り具沢山の美味しいきのこ汁」を3杯も頂いてしまったパパなのでしたが、丹精を込めて作られたスタッフのミナサマにも本当にご馳走様でございました。
満腹の後は余裕をもって本日の広報写真を撮っておられたお嬢さんともご一緒パチリをパパがしましたが、さあぁ食後のスタートです。  


この一月に愛知でも歩いた道も鎌倉街道でしたが下呂の山中にも有りました。 東山道・初矢峠(俗称鎌倉街道)と記して有りましたが、この石畳たちは鎌倉時代からのもので代々の飛騨郡代(代官)たちも江戸登城の往復に使ったそうです。
歴史の一瞬に身を置くことに・・・生かされて生きている自分にも感謝です。


今日の先頭をサポートして頂いている松田さんですが、ブルーのジャージは下呂市体育協会のユニホームのようです。  この土地のことをいろいろと教えて頂き、全く知らなかったところを案内してもらっていますが健脚に驚いてしまいます。
いつも思うけど下山の道中の長さにシッカリ登ったんだよナー・・・って実感ですし楽な下り道を軽い足取りで街へと戻ってまいりました。   
昨日の土曜日はパパママも下呂温泉に泊ろうかと思いネット検索や旅行社にも聞きましたが全館満室・満員御礼ばかりで有りました。 その大きなホテルや旅館街の中を抜け、阿多野谷散策道を通り雨情公園(野口雨情さんです)もですが、本当に良いコース設定であります。





阿多野川沿いの雨情公園を

阿多野川を離れて下呂温泉合掌村を通ってスタート地の観光会館に戻りました。 この二日間をどれほど大勢の方と親しく楽しく過ごさせて頂いたことでしょうか。 感謝などという程度の言葉では言い尽くせない「こころの洗濯」で有りました。 竜馬君のママは3月3日生まれだそうですが、お昼のオニギリご馳走様でした。 そして本当に大勢のスタッフのみなさま お世話になりありがとうございました。 「来年もまた来ること!絶対にお泊りで!ってコトを、こころに決めて」感謝とお礼とさせて頂きます。


    

ゴール手前 下呂温泉合掌村を通りますが、合掌作り3階窓の観光客の方とも手を振ってコンニチワなのです。

そして本日もゴール記念に頂いた無料入浴券で堀さんと一緒に下呂温泉のこころ温まるお湯に入って無事午後6時帰宅となりました。 ではでは これにてレポートを終えますが、下呂の里山でのこころ暖まるステキな2日間をアリガトウございましたデス!


     目次に戻る




 オマケの一枚ですが・・・下呂市内にて チャップリンとママ 04.11.14