「県自然公園散策ウオーク」 なごや金鯱歩こう会11月例会に参加  04年11月28日(日曜) 天気 晴れ  距離 12キロ
コース = 名鉄瀬戸線 尾張旭駅 〜 愛知県森林公園・植物園南門 〜 園内散策(昼食) 〜 植物園北門 〜 名鉄三郷駅ゴール

11/28(日)快晴で空気も11月終わりとは思えないほどの暖かさでした。 パパママは「ゴン君・ルナちゃん」の都合で、前日の「まほろばウオーク」を一日で戻ってきましたが、今日は地元金鯱歩こう会の例会に参加させて頂きました。
集合場所は名鉄尾張旭駅前でした。 今日は平木世話人代表がお休みで残念ながらお会い出来ませんでしたが、全国区の金谷お姉さまがストレッチ指導でした。 彼女は先日の熊本2D参加で45都道府県ウオークを達成していて、来年には愛知県でたぶん二人目の完歩者になるのではって方です。 そして本日の案内人は赤いタスキの小川さんです。 さあぁ 今日も歩くのだ!



駅前からスタートして10分くらいで昭和6年に建てられたという弘法様の立つところでお参りをしましたが、パパは暑くなってヤッケを脱いだのですが大失敗でしたデス。 再出発してしばらくして頭が軽い?ナ・ナ・無い!我が△帽子君なので有ります。 慌てて戻りましたがさっきヤッケを脱いだベンチの下に隠れるようにおりました。 これも弘法様のご縁で再会出来たのだともう一度手を合わせ感謝のパパでした。 そして隊列に戻ってヤレヤレでありました。




「天高く 見上げた首が 痛くなる 枯葉ベッドに 大の字になる」

今日のウオーク距離は12キロと短いですが、やって来たのは「森林公園・植物園」というところです。 途轍もなくデカイ公園でパパは自宅から30分も掛からずに来れて、以前はアーチェリー場で毎週を過ごしたことのある場所ですが「こんなところまで森林公園なの〜?」って思うようなところから、有料(200円)の植物園に初めて入りました。(植物園も知らなかった)
広大な園内は「いこいの森」や「ふるさとの森」などテーマごとに思考も凝らしながら自然林を上手に活用しています。 そして秋景色満開の中を車の心配も無くのんびりと散策ウオークです。 広がらないウオーク実践の金鯱もココでは「道いっぱいウオーク」でワイワイガヤガヤであのました。




「ドカドカと 足踏み鳴らし 下る坂 道いっぱいを 歩き三昧」 車の心配も無い公園内だからOKなのです!


迷路のようなアチコチを一筆書きで歩くように上手にガイドしてもらい、秋色風景をデジカメ君で楽しみもして楽しいお昼休憩でしたが、ホワホワの芝生のど真ん中でポカポカの一時です。 もちろん昨日は一宮だったというヒゲおじさんとママとのツーショットもハイパチリです。  そして案内人サブの小林さん(オレンジたすき)からは、ビールも頂いちゃいました! 小林さんごちそう様でした・・・そしてママは先週堀さんから頂いた栗羊羹をミナサマに説明付きでハイどうぞでありました。


展示館横の芝生広場での休憩時間もたっぷりで、みなさん館内見学もしていましたが・・・「寝るママとヒゲおじさん」です。 「オーイ! ミンナで記念写真を撮るんだから起きてねー」であります。 そして記念写真を撮る為に集合なのです。


午後のスタートですが左の一枚がパパのお気に入りです。 この森林公園が出来てちょうど今年が70周年だそうで、写真募集もありましたがどれかをパパも出してみようかな?であります。 どうりでメタセコイヤも見事な大木になっていますが、そこをバックに今度は大好きな秋田さんとママです。 行く場所毎に風景も一転でナンか日本じゃないような雰囲気の場所も有りました。




「ひとひらの この葉大地の 糧となる」・・・何億年もの自然の営みが有って我々が生かされているのです!


ココには全国各地の県木というものも林状態で有りましたがパパの北海道のエゾ松林も有りました。 子どものころの今頃はどの木をツリーに使おうかと、ノコを持って「枝ぶり」の良い木を物色して歩いたものです。 東京や大阪はイチョウが県木だそうで見事なイチョウ林も有りました。 フランスの宮殿前を思わせるような所もでしたし気が付くと園内だけで8キロ以上歩いたようです。 南門から入場して北側の正門から出たのが午後二時過ぎでほぼ四時間を過ごしましたが「春夏秋冬いつ来ても良いところだろう」と実感の一日でした。 そして名鉄三郷駅から帰宅の一日でしたが、我が写真の技量ではここの良さがはたして伝わるのでしょか? 
ではでは これにて金鯱歩こう会 12キロウオークのレポートを終わりと致しますデスますヨ〜ん



 「静粛の 川面に映えて 君燃ゆる 秋満開の この葉のごときに」



    目次に戻る