岐阜ウ協12月例会 平成16年さよならウオーク」に参加  04年12月12日(日曜)  天気 晴時々薄曇り  距離 11キロ
コース = 名鉄田縣神社前 田縣神社 〜 青塚古墳史跡公園 〜 おちょぼ稲荷 〜 小口城址公園(昼食) 〜 尾北自然歩道 〜 名鉄羽黒駅ゴール

12/12(日)ワンツー・ワンツーと元気の出る日付の日でしたが、久し振りにお隣県の岐阜県ウオーキング協会の例会に参加させて頂きました。 しかも例会集合場所はナンと我が町小牧なので、かなりゆったりとした朝を自宅で過ごしてからの出発となりました。 集合時間は9時15分と日歩の新聞に有り余裕で到着の田縣神社前でしたが、誰も居らず、待てども来ず?に本当にココで良かったかな〜??って不安になるほどで・・・そして便利な携帯を使って岐阜のメンバーを思い出し岩田のとしちゃんに電話を掛けると「今から犬山駅で乗り換えるから安心してそこで待ってりゃあ」とのお返事・・・ほぼ全員が同じ電車で来たようで、受付を済ませ頂いたコース表には9:40集合と書いて有りました。ありゃりゃであります!
そして見知ったお顔もアチコチですが、先ずはゆきさん情報を元に先日の一宮宴会でのお楽しみを聞かせて頂いた一宮の伊藤姉妹さまたちでした。



先ほど電話で安心を頂いた黒ジャンバーの岩田のとしちゃんと横にはもちろん奥様のあっちゃんです。 そしてお遍路仲間もオヒサ〜でありました。恒例の開会式で年末の会長挨拶やコース説明そしてストレッチもして、さぁ来年の豊年祈願もして田縣神社を出発です。  お揃いの目にまぶしいほどのオレンジ服で旗手はパパママ大好きな森さんです。 マイクを持ってる柴山さんがリーダーで、河瀬会長自らが黄旗を持って安全班でありました。


尾張広域緑道(名古屋市上水道・水路の上)を通って、今から青塚古墳に行きますが、ココはこの三月に愛歩でパパがコースリーダーで使った道の逆方向になりますが懐かしい感じです。 よその会に参加するといろいろな方から声が掛かったり、一緒に並んで歩き初めての方とも会話が出来て新鮮な感覚のウオークになれます。 今年の一月に下見で初めて来た青塚古墳に到着ですが、地元の方の古墳に関する説明も頂きました。 盗掘に遭わなかったコトと丸い山と平たい山の両方に棺があり、平たい山には大和から来た王様の補佐をした女帝が眠っているそうです。 今から1600年前の時代のことを史実から類推もして詳しく説明でありました。




青塚古墳全景を横にママがお決まりのVサインポーズでありました!


古墳を一周して「おちょぼ稲荷・故里の宮」に行きお参りの後、小口城跡公園にて昼食休憩となりました。 ココも小牧・長久手の戦いで秀吉の前線基地にもなったところだそうですが、火の見やぐらのような建物です。 濃尾平野のど真ん中でこの高さは立派な戦況監視が出来たと思います。 


昼食休憩も一時間とたっぷりでしたが、例年のこの時期だと1時間も休憩していると体が冷えてしまうのに今年は本当に暖冬です。 みなさん それぞれに楽しいひと時を過ごして午後の再スタートですが今度は五条川沿いを歩きます。 尾北自然歩道として整備もされていますが「五条川の桜」を知らない人は愛知県には居ないのではってくらいの桜の名所でもあります。 でも今は静かに立派な枝振りだけを見せてくれています。


五条川沿いをさかのぼり羽黒駅(名鉄)まででしたが、途中で列詰めの一服休憩も何度かしました。 そして旗手の森さんとも記念のパチリをして、今度は河瀬会長や、岐阜ウ協での長老大岩さんともハイパチリです。 大岩さんとは桜の木の話しをしましたが「桜の寿命」や「木の根っ子」のお話しでありました。 
                      


                        「枯木立 今のあなたを 見つめます 華やかなれし あの日思って」

午後二時ゴール到着ですが、11キロ4時間ほどのウオークでありました。 1年間のねぎらいと来年も是非ご参加をとの会長挨拶も有り、クールダウンのストレッチもして解散となりましたがこの2月からのお遍路友達ともまた来年の参加を約束してのバイバイであります。 本当に久々の岐阜ウ協でしたが楽しい一日を過ごさせて頂きアリガトウございました。  ではでは コレにて



    目次に戻る