豊田市W協会 7月例会 ビール工場見学ウオークに参加  04年7月11日(日曜)  天気 晴天  距離 14キロ
コース = JR中央線 春日井駅 〜 ??公園集合 〜 三つ又公園 〜 埴輪ロード 〜 小野道風記念館 〜 庄内川 〜 アサヒビール名古屋工場 〜 JR守山駅

7/11(日)不安定だった今朝までの天気も落ち着き素晴らしい快晴と爽やか空気になりました。 JR春日井駅スタートという事でノンビリとして娘に集合場所まで送ってもらいましたが、集合予定の公園が変更に・・・理由は「参加者が入りきれない」ってビックリでしたです。 

まず最初の一枚は本日の立役者 コースリーダーの豊田市の豊田さんです。 右に豊田ウ協会長の高橋さん、左には武知さんです。 みなさん弱小瀬戸歩のメンバーでも有りアチコチで運営側の主役も勤めておられます。 そして炎天の先週「熱田神宮〜伊勢神宮」約130キロを一人で歩いていた歩仕事人さんを真ん中にお友だちとのハイパチリでありました。


場所変更の公園の名前は忘れましたがセミ時雨がウルサイほどでした。そしてひまわりもスクッと立ち、最初に出掛けた三つ又公園ではハス池も有りました。 今日はオレンジ隊主催の「大賀ハスウオーク」が千葉で有り、すいませんさんも朝からお出掛けのご様子でしたが・・・愛知・春日井でも雰囲気の一端ををママがパチリってしてました。 でも「ヘビ注意」の看板に花まで近づけずでした。 真ん中のは西尾城主酒の神の大竹さんと木陰で一服のママです。





埴輪ロードを元気に闊歩のみなさんです。

久々にノンビリウオークでハイブリッジさんともお話出来ましたし、ご一緒ウオークもかないました。  若干一名吊橋の上に自然体でない方が見えるようですがご愛嬌とさせていただきますネー そしてお決まり?のヒゲおじさんとママです。





この写真はヒゲおじさんの撮ったものです。 
見事な花たちでしたがパパはヘビ注意の看板にココまで近寄れなかった・・・コレって言い訳?


春日井市は全国区の森宴会部長夫妻の地元ですが、パパの職場のある町でもあり小牧とはお隣同士です。 この町のチョットいい風景たちの中をイッパイ歩きましたのでご紹介ですが、埴輪ロードから尾張広域緑道を通って道風記念館へでありました。 茂った桜の木のトンネルを吹き抜ける風が時折り強くなり、ミンナから歓声も上がるほどの心地良いウオーク・・・前後する方々との会話も楽しみ・・・おやつも交換です。  先頭で頑張っている旗手の武知さんやリーダーの豊田さん、そして黄旗の安全班に感謝をしながら、普段マイカーでも通らないような地元風景であります。


パパママウオーク恒例の「ママとヒゲおじさん」とのツーショットです。
本日は13キロのウオーク後に表記のアサヒビール名古屋工場見学を見学させて頂き、そして試飲と昼食会です。 例年の恒例行事となっていますがこの時期のこの行事には特に参加者が大勢です。 混乱の無いように、そして先方への失礼が無いように諸般の注意事項や事前説明と、班分けもして庄内川の向こうに見える工場へでありました。


12時40分頃の到着でしたがお腹も空きのどの渇きも有り・・・オオォ!たどり着きました!って感じです。 暑さも有り疲労感の表情だったミンナの顔がだんだん紅潮してニマニマ顔に変わっている・・・さあ、工場見学をさせて頂きペコペコのお腹に「いろいろ待たせたネー」っていいつつ・・・あともう少し・・・の、微妙にウレシイいっときなのです。


偶然ですが我が弱小瀬戸歩でもお世話になった「広報の野村さん」が我々の班の案内をして頂けました。 パパママのことも覚えていて頂き「ココのHPを見ましたヨ〜」ってウレシイ一言でした。 笑顔の可愛いお嬢さんでいつも気持ちの良い接客態度には感心をしています。 チョット何枚か意識して撮ったものを貼りますが、もちろん野村さん以外にも同じ仕事の方々も頑張っておられますしその他大勢のキャストの方にお世話になりましたデス。


工場直結のアサヒドライはまた格別に美味ですし、滅多に飲めないと言う富士山の水を使った「富士山ビール」も頂きました。 すきっ腹でなくても美味しいお弁当も今回は余裕をもって箸をつける前にハイチーズ!でありました。  楽しい時間をタップリと過ごしまたまた記念のスナップも撮っての帰路は午後3時でした。


豊田ウオーキング協会のスタッフのミナサマ 本日はアリガトウございました。 パパママはコレでやっと第1回AWS(愛知ウオークシリーズ)をクリァー出来ました!



そして、アサヒビール名古屋工場様  美味しいスーパードライをタップリと試飲させて頂きアリガトウございました。
  お腹もイッパイになりましたが、感謝の気持ちもイッパイで有りました。


        目次に戻る