出会いと別れ・・・「会者定離」と言う言葉が有りますが、出会ったものは必ず離れるものなのです。
弓道の世界では、弓をイッパイに引ききった時を「会(かい)」と言います。 そして矢が放たれるときを「離(はなれ)」と言います。
正に「会者定離」なのであります。
物事に陰陽が有ることは分かっていますが気持ちは別ものでも有ります。

我が△帽子との別れ・・・その思いを記す!                                     04.4.10(土)のコトでした

04.4.10 二つ並べてお遍路行きの電車の車中で撮った「我が△帽子」・・・左のは02.3.17に使用し始めたものです。愛歩のお友だちの北村みっちゃんからその前に使用していたのが「かなりガタガタでかわいそう」・・・って、見かねてのパパへのプレゼントだったものです。
その日から約二年間・・・かぶり続けたこの帽子は・・・パパを「炎天や猛暑、雨や雪」からシッカリと守ってくれました・・・特に両手がふさがる旗持ちの時には大いに助けてもらったコレです! 愛着を越えて「我が人生のパートナー」であり「我がウオークの相棒」だったのデス!!
その「我が△帽子君」のくたびれを眺めて、またまたみっちゃんが同じのをプレゼントしてくれました。 でも交換出来ない!・・・だって前記の通りの帽子なのです!! せめて記念に家にづーっと置いておこう!って思っていたのですが「お遍路のお寺に置くと良いよ」ってみっちゃんが言うのです。


「万感の 思いのたけを 込めたコレ ココに置きます 託して祈る」

後ろ髪を引かれる思いで行った本日一番目の札所「鯖弘法大師」さまで「お納めさせてください」って納経所に頼んだら「ウチに納めて頂いてよろしいのですか?」っておっしゃるのです。そして言われた所に置いて二年間のイッパイの感謝を込めての般若心経のパパでしたが、実はナンカ子犬を捨てるような気持ちでした。そして次の(近距離)の札所のお参りをした後、一人でもう一度「鯖弘法」に戻ったのです!そしたら置いていた場所に我が帽子君がナイ!!のです。



よくよく見れば奥の祭壇?の上にパパの△帽子が置いて有り、横でお寺の奥様がシゲシゲと眺めておられる。 パパは「その帽子二年間かぶっていたんです」って言ったんだけど、また「ウチにお納め頂いてよろしいのですか」・・・って言うんです。 その言葉を聞いてなんか安心してココに置いて行って良いんだナー・・・って思ったパパでしたが、またまたママを呼びに行き、祭壇に飾られたパパの帽子を一緒に確認してバイバイをしたのでした。
本日、昼食時にはイッパイのビールを飲みました。 歩きながらヘタクソな歌も歌いました。 ママが酔ってナアイ?って言いました。かなりハイになっていたパパですが、やっぱりイッパイお世話になった「我が二年間の△帽子君」との別れが辛かった本日でした。
今日からお世話になっている新品君ヨロシク!です。


    目次に戻る